« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

驚異のダイレクトメール

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-驚異のダイレクトメール

ダイレクトメールの驚異について考えてみましょう。
(前週にダイレクトメールの反響が良かったのでもう1週いってみます!)

さて、ダイレクトメールですが必須なのが・・・
●「解除方法」だったりします。

心理として解除は「嫌」だという意識が働きますが、どーせその人はあなたの
お客さんにはならない人ですから、ご縁がないと思ってあきらめましょう。

1通送るのにもあなたのコンピューターや、サーバーの資源を使います。コス
トには現れませんが、時間はかかるのは事実でしょう。流石に1000件送付しよ
うとすると結構時間は掛かります。

あなたも「解除」したはずなのに「これは特別な情報ですから」って貰った事
ないですか?こういうのが「嫌」だから解除したのに・・・?って感じですよ
ね。あなたはそうならないように注意しましょうね。

メールアドレス管理も増えてくると大変ですが、1万件までならExcle(または
表計算ソフト)で十分です。せいぜいAccessってとこでしょう。非常に安価に
できます。変な業者に騙されて高額なソフトパッケージ導入や、開発なんてし
ないで下さいね。そんなお金があるのなら「広告」に回しましょう。

開発業者は開発を行う事で収益を得ています。もしこれ見ている方で今開発を
検討している方がいらっしゃるとしたら、ぜひこの問いかけをしてみてくださ
い。
「開発は原価でやって欲しい。その代わりその後の利益の一部をずっと払うか
ら・・」多分首を縦には振らないと思います。

すいません、随分話がずれました。

さらにダイレクトメールに必要なのは・・
●「許可」と「魅力的なオファー」です。

先日も、とあるダイレクトメールにやられてしまいました。その方の出版記念
講演にいって感銘を受けたのがそもそもの原因なのですが・・
(今思うとこの時点でしくまれていたんでしょうね。)

非常に魅力的なオファーが来ました。セミナーが例えつまらなくても、提供さ
れるオマケ(この場合教材とASPサービスでした)だけでも十分・・・・

しかし申し込み後落ち着いて考えてみるとASPはそんなに私のニーズは高くな
い・・教材は評判どおりそこそこ良かったけれど、なくちゃ困るというもので
もない・・・


素晴らしいセミナーでしたが・・後で気持ちよく「やられた・・・」と思って
しまったわけです。このくらい準備周到でないといけないわけですね。
勉強になりました。


【 今回の一言 】
ダイレクトメールの段階で強力なメリットと感動が必要だということです。

▼こんな感じで週1回書いています。よろしければご登録下さい。
http://www.hyper-it.jp/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.29

リスクを犯さず儲ける方法

感動起業メルマガ6号です。ではいきます!

■1.1人起業徒然日記-リスクを犯さず儲ける方法

リスクをあまり犯さずに比較的短期間にサラリーマン以上の収益を上げ
るには・・・・これを今回は考えてみましょう。

商売の原則は、
「あなたが仕入れた商品を仕入れた以上の価格で販売する。」

ということになります。巷に流れる「オークションで月100万儲ける!」とか
「アマゾンで月30万儲ける!」とかノウハウがあったりしますが、要は「売れ
そうな」商品を安く仕入れて、高く販売すればいいのです。

単純に「高く」するだけでは「比べられて」しまうので、その商品にしかな
いものを付加価値としてつければ「高く」できるわけですね。

が、その付加価値も「産み」の苦しみがあります。もちろん時間も掛かりま
す。最初は中々思いどうりのものは作れなかったりします。

ただこの場合も例え失敗しても失うのはあなたの掛けた時間だけですのでリス
クは低いですね。

そこで、一番手っ取り早いのが、あなた自身を売り物にしてしまう方法です。
これならまず商品そのものがいらないですから仕入れが発生しません。なので
粗利100%です。

コンサルタントはこの形態ですね。しかも資格を必要としていませんので、名
刺を作れば誰でもコンサルタントになれるわけです。

ただし、問題は「あなたのお客さん」をどう掴めばいいのか????
これが肝ですよね。

今最終調整段階に入っている、
「感動起業で「あなたも」6ヶ月で前職の2倍以上の月収を獲得できる!」
は、あなたの顧客獲得の参考になるエッセンスが満載されています。

8月中旬にはお届けいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

外資系から日本企業に戻った私は意気揚々と働いていました。回りの期待も大
きかったのと、比較的パブリシティ戦略はうまく行っていたので問合せもかな
りあったのも後押ししていました。

商品紹介・事例紹介セミナーの集客から見込み化しそして成約に繋げるという
今までやってきた方法はこの会社でも大きな成果が出て来ました。

実際にセミナーをきっかけに2社受注し、その他見込みは金額で2億くらいあり
ました。その状態を9ヶ月で構築出来たので自分ではかなり満足いく結果で、
「さあ!これからだ!」と思っていた矢先・・・・

リストラをくらいました・・・今思うに小さな会社が扱うには荷が重すぎたの
だと思います。初回アプローチから成約まで短くても3ヶ月はかかります。し
かも開発期間・費用もかなりの期間・金額だったりしました。

会社としても苦渋の決断だったのでしょう。そんな簡単に採用はできない素晴
らしい人材ばかりが集まっている会社でもありました。

私も非常に気に入っていたのと、仕事内容も納得できるものだったので、かな
りの精力を注いでいました。だから比較的早く成果が出せそうだったのです
が、花が咲く前に刈られてしまいました・・・

落ち着いて考えればこうなる事は予測できたのでした。認識が甘すぎた・・私
に原因がある・・と落ち着いて考えられるようになるにはかなりの時間が掛か
りました。

ただ、今は感謝しています。「起業しよう!」と思えるようになったのはコレ
のおかげですから・・・・

ただ、この段階ではまったく準備をしていなかったので、家族もいるし失業給
付だけでは「毎月赤字」ですから会社には入る事にしたのでした。

転職活動は凄く苦労しました。私は比較的いい条件で決めて来た人だったので
すが、さすがに6社も経験している人間を特に大手は「面接」すらいきません。
結構面接には自信があるので、そこまでいけば・・・と思っていたのです
が・・

それでも営業職はいいもので、3社内定が出ました。でもね、条件が酷いので
すよ・・・
・基本給20万に成功報酬・・
・基本給25万にノルマ達成金・・粗利2400万やってくれと言われました・・た
いしたことないなあ・・と思っていたら粗利利率15%以下でした。。約2億円の
売上げです。コレができるなら社長やってます!とっくに・・・

失業給付のがましですよ。これじゃ・・・

あーあ・・・とこんな感じで20社は行ったでしょうか?しかし幸いな事に知人
から紹介され、まあ、この条件ならいいか・・という金額を提示されたサラ
リーマン最後の勤め先になる零細企業J社に行ったのでした。

J社はネタの宝庫のようなところでした・・どう表現すればいいか・・
わずか9ヶ月しか在籍しなかったのですが、ある意味社員にとってはとっても
いい会社でした、ただその部分が私は嫌いでしたが・・・・

つづく


【今回のポイント】
自ら「起業」しようと思っても一部の限られた熱情起業家以外はなかなか踏み
出せないものです。まだまだ「起業」は特別な事なのです。私もリストラされ
なければまだこの会社にいたと思います。

ただ思うのですが、「無理」に起業する必要はないと思います。知人にサラ
リーマンしながら講演したり、本を書いている人も増えてきました。
先を見据えやりたい事をやってきた結果だと思います。

「起業」は自己表現の一つです。それが多くの人を幸せにし、それが収益に繋
がるのであればこんないい事はないでしょう。

先日右脳開発.comの寺下先生の「目標設定セミナー」に参加しました。知って
ましたか?中国では死んでからのが重要だそうです。自分が子孫にどう語り継
がれるかが重要なのだそうです。

あなたは墓標になんて書かれたいでしょうか?それを自分のミッションとして
生きる事・・・

5年、10年は直ぐ経ってしまう事は今までの経験から解っています。
あなたは5年後、10年後どうなっていたいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

抜群のダイレクトメール

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-抜群のダイレクトメール

ダイレクトメールの効果について考えてみましょう。

小さな実験の結果、やはり最強なのはダイレクトメールであるという結果にな
りました。うーん・・・という感じですが、結果が結果ですので認めざるを得
ません。

「まぐまぐ」を利用すると比較的短期間に読者は集まります。しかし、その人
達のメールアドレスは解らないのですね。
それを如何に多く「解るようにする。」ここが大きなポイントになります。
それにはあなたのサイトに登録用の窓を設けておけばいいわけですね。

▼例 私のサイトです
http://www.hyper-it.jp

左に「無料メールセミナー 」売れるホームページってどんなページ? を設
置してあります。基本的なポイントのメールセミナーです。

1日の来訪者は約50人です。不思議な事に何もしなくても1日に2個程来ます。
え、少ない・・甘く見てはいけません。1年経過すれば700個にはなります。
しかもまったくお金を掛けていません。

少しお金を掛けて「広告」すれば結構集まります。

この「集めた」人達に対して「サービス」「商材」の案内を直接するばいいわ
けです。メールマガジンで行うよりも「反応率」は劇的に違います。

集中配信する場合ですが結構いいソフトが安価に出ています
▼私はGoGomailを使用しています。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se209895.html

え、メールセミナーが面倒・・・・私は一から作りましたが、あなたがメール
マガジンの作者であればバックナンバーを何個か纏めてリメイクすれば比較的
簡単に出来ます。

現在支援しているお客さまがこの方法で素晴らしい成果を挙げています。
なんと僅か2ヶ月で1500個のメールアドレスを取得し、新規のセミナー集客に
抜群の効果を発揮しています。

メールマガジンでの集客でもそこそこ反応は良かったのですが、ダイレクト
メールの反応率はそれを遥かに凌駕しています。

【 今回の一言 】
★メールアドレスは財産になるということです。皆さんも始めましょう!

▼と、こんな感じで週1回書いています。ぜひご登録下さい
インターネット「弱者」の私でも出来た成功法則

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.23

起業にはいろいろな形がある

■1.1人起業徒然日記-起業には様々な形がある

「起業=会社設立」だと思っている人!
実は2年前の私がそうでした。

こう思ってしまうと・・・
・やっぱり株式だよな?>(「株式会社のつくり方」の本を買う)
・取締役3人か・・・一緒に出来る人を探さないと・・・
・事務所も必要だ・・・

で、儲ける前に膨大なお金が必要になってしまいます。
一般的に設立には資本金以外に、
株式会社 30万
有限会社 15万
合資会社 10万
海外法人 10万
くらいかかります。

しかも赤字決算でも「法人税」は払わなければなりません。
「1円起業」で「有限会社」を作ったものの「法人税」支払いに困っている人
もいます。

税理士の先生も「最近は個人成りが増えてきている。」と言ってました。

でもやっぱり信用が・・・確かに・・そういう話もあるかも知れません。
しかも「法人取引」を社内規定で決めている会社も現にあります。

私は「個人事業」です。しかし取引社数は20社を超えました。殆ど直接取引で
す。最終的には個人の「信用」で取引が成立します。

事務所も借りていません。自宅です。
従業員も私だけです。お客様が増加し私一人では質の高いスピーディーな対応
が困難になったので妻を専従者に8月よりすることにしました。

月の経費を極力抑える事によって、月収2倍は今あなたが思っているよりも簡
単な事かもしれません。

もちろん当初から大きな金額を投資して成功し大きく儲ける人達もいます。
成功者の中には「借金は当たり前。数千万の借金が出来ない人は事業家になる
資格はありません。」と言い切っている人もいます。

ですが、住宅ローンですら必死に毎月返済している人にそんなリスクが犯せま
すか?出来ないですよね?

では、リスクをあまり犯さずに比較的短期間にサラリーマン以上の収益を上げ
るには・・・・

来週をお楽しみに・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

まず、悲しいお知らせです。

実はこの連載を当時の友人が楽しみにしていまして、先日久々にランチをした
ら、先週まで書いた会社が先月ついに解散した話を聞きました。(涙)

インターネットバブルの企業の終焉は悲しいものがありますね。
当時IPOを目指して「徹夜」して提案書を作っていたものでした。

さて、気を取り直して・・

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

薄給に懲りた私は比較的高額なオファーがあった外資系会社D社に営業マネー
ジャーとして転職しました。直属の上司はたまたま長期在籍した会社が扱って
いた商品の日本支社のディレクターだったという事と、ウマがあったので良く
一緒に食事をして帰る日々が続きました。

運にも恵まれ、都銀、航空を新規で立て続けに受注した私はチームも持つ事に
なりました。

しかし、この会社は上層部が非常に仲が悪く、派閥争いが常にあるような状態
でした。いろいろ考えはあるのでしょうが良い影響ではないですよね。

また本国の指示に従う事が原則でした。本国では非常に優良な会社でした。し
かもそこの会長はその国ではかなり有名な方でもありました。

しかし日本では同じように行くはずもなく・・まったく売れない営業はつらい
日々をおくっていました。

ピーク時7人いた営業は1人減り、2人減りで3人になりました。業績悪化による
リストラもあって、有能な社員もかなり辞めていきました。

私はマーケティング担当者が退職したのをきっかけに営業と平行して業務を行
うようになりました。月例のイベントの企画・集客・実行、大型イベントの企
画・集客・実行や、積極的な情報発信手法を勉強させて頂きました。
これには感謝しています。現在の私の事業の50%はこれの変形ですので、その
アイデアが出たのも全てこの会社のおかげです。

が、それにも限界が来ました。ネタが尽きた事と担当ユーザーに一通り導入さ
れてしまった関係で私の営業成績は月を追う毎に悪化してきました。また本国
の命令によって効果が出るとは思えないイベントもやらされ、かなり腐っても
いました。

「あー。このままじゃなあ・・・」と思っていた矢先。某転職サイト経由で目
の覚めるメールが来ました。面接に出掛けた私は一回で気に入り、給与も自分
が思っていた以上のものを提示された私は、ほぼ即決でそのITベンチャーに営
業責任者として転職しました。

わずか11ヵ月後・・もっとも過酷な試練が待っているとはこの時はまだ思わな
かったのでした。

つづく


【今回のポイント】
全ての外資系企業がそうだとはいいませんが、大体どこも似たようなもののよ
うです。本国の意見が中心で日本側の意思は通らない・・・とにかく実績を出
して解らせるのが先なのかも知れません。

外資系には2通りの人間がいます。
・英語(外国語)・仕事両方出来る人。
・英語(外国語)しか出来ない人。

英語アレルギーの日本においては「英語」だけで立派な武器になります。私が
在籍した会社には三種以上の言語に精通した人が三人もいました。そのうち二
人は「言語」だけで仕事は出来なかったです。が、重宝されていました。

組織で働く以上自分の意思を通すのはかっこいいですが、妥協しないと「いじ
め」の対象にもなりやすいですから注意してください。

▼こんな感じで書いてます。よろしければご登録下さい。
起業・開業6ヶ月で月収を2倍以上にする方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の宴

近所に幼稚園がある。

昨日夕涼み会だたようで浴衣姿のちびっ子達が16時頃より集まり、お遊戯したりしていた。
「あー、うちも去年まで保育園でやってたね。そーいえば・・」と子供(長男)のものと重ねて思っていた。


19時頃打ち合わせで外出した際は外でお食事しているようでした。その光景を見たとき・・・遥か35年前に戻った。

「この光景・・観たことある。」自分の「夕涼み会」を思い出した。もう既に名前は覚えていないのだが、無邪気な笑顔が脳裏に・・・

まさに「夢の宴」

出身幼稚園からは誰も同じクラスにならなかった・・なのでその後誰一人正確に把握出来ていない。殆どの人はきっと私と同じように家庭を持ち、自分の子供の「夕涼み会」にビデオ持参に出席しているのだろう。

その時に思い出したりしているだろうか?

自分の「夢の宴」を・・・・

私の「無邪気な笑顔」は誰かの脳裏にあったりするのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.17

WEBストーリー

今回はWEBストーリーです。


■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-WEBストーリー
今回は「WEBストーリー」を考えてみましょう。

あなたのWEBサイトは物語があるでしょうか?

        「WEBストーリー」

*WEB上で展開される物語「ストーリー」の事です。

*あなたのWEBサイトは、
「誰に?」「何を?」提供するのでしょうか?それに従ったストーリーを考え
ているでしょうか?

●初回来訪者には何をして欲しいのでしょうか?
検索エンジン、他のサイトからのリンク、毎日のように初回来訪者はあなたの
サイトを訪れています。何をして欲しいですか?

●2回目以降の来訪者には何をして欲しいのでしょうか?
その前に継続訪問して頂く「仕組み」はありますか?せっかく何らかの「ご
縁」で来訪頂いた方へ無理なく導線をWEBに引ける仕組みです。

*上記も踏まえた「WEBストーリー」・・・
あなたのWEBサイトはどんな「ストーリー」になっているでしょう。一方的な
売りつけの言葉だけではないでしょうか?

*来訪者は「情報」を探しに来ています。決して「買い」には来ていません。
常に客の視点に立つ事が必要です。

*ストーリーは「共感」と「感動」を来訪者に与えます。そこでさり気なく
「足跡」を残してもらえる「仕組み」があればあなたのファンも増加するでし
ょう。

*「私に出来るのでしょうか?」??そう思って「悩む」くらいならその時間
を投入してまずははじめてみましょうよ。

*そして途中で諦めないで下さい。時間が掛かりますがあなたなりの成功法則
は必ず見つかります。失敗者の殆どが「途中で諦めた」人達なのです。

【 今回の問いかけ 】
あなたの「WEBストーリー」どんなストーリーですか?

*私も新たなストーリーを描きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■2.お客様支援で気がついた事

ワクワク右脳開発トレーナー寺下和也先生の「セルフブランディング講座」に
参加しました。一般公開はされていないのに2回の講座ともすぐ満席になって
しまいました。

参加出来た私はそれだけで「運」がいい事になるでしょうか??

さて、今回の拾った言葉達・・
・会社、学校という所属がなくなった時あなたはどのように自分を表現します
か?
・暗い世の中と言われますが、こんなにも多くの前向きな人達がいるなん
て・・
・一番言いたかったのは「人との出会い」なんです。

*私は「金脈は全ての人の中にある!」と思いました。皆さん「自分の金脈」
に気がつきましょう。

▼右脳開発.com
http://www.uno-kaihatsu.com/
*ここにメールセミナーに登録すると優先して講座の案内が来るようです。


▼こんな感じで書いてます。気に入ったら「メルマガ」登録下さい。
http://www.hyper-it.jp/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

在籍した会社の倒産はやはり寂しい・・・

昨日元同僚と渋谷でランチ・・(Mさんコーヒーご馳走様です。)

そこでに4年前共に過ごした会社が破産した話を聞いた。我々が在籍していた時は確か50人以上社員がいて、ベンチャーキャピタルからの資金もあったのだった。

が、段々と縮小し、細々と営業しているのは風の噂に聞いていたのだが・・・やはり寂しいものですね。
私のローリング・ベンチャー1社目だった事もあり感慨深いものもあります。

●T社長!私の「やる気」を呼び戻してくれたのには今でも感謝しています。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

クビから3年で上場社長?-起業・独立6ヶ月で月収を2倍以上にする方法

■1.1人起業徒然日記-クビから3年で上場社長?

起業家支援連絡業議会NPO主催の「元ドクターシーラボ社長池本克之氏の講演
に参加しました。

ドクターシーラボは高機能化粧品メーカーです。平成15年3月ジャスダック店
頭公開した優良企業です。

氏はドクターシーラボの前の会社で業績向上中に「クビ」を宣告されます。
急にされたので、心の準備がなく、何にもする事がなくなった氏は取り合え
ず、営業指導の会社を立ち上げるものの「開店休業」状態だったそうです。

なので、時間があるので、「本」を読むこと、「ビジネステープ」を聞くこ
とを「習慣」にしてしまったのです。
(◆妙にこの部分共感いたしました。私もそうだったからです。時間があっ
てもする事がない・・なので私も「猛烈」に本を読み始めました。)

-しかし「天からの奇跡」が来ます。-

ここで「天の助け」の連絡が入ります。ドクターシーラボオーナーからです
元々とある機会で知り合っていたそうです。当時ドクターシーラボは「商品」
はあるものの。まったく売る仕組みが出来ていなかったそうです。

そこで「営業コンサル」として関わっていたそうですが、3ヵ月後に社員の
なり、そして「能力」を買われた氏は「社長」に・・・・

まさに「縁が生み出した奇跡」ですね。この部分の解説はなかったのですが、
思うに・・

・オーナーと池本氏が出会った。
・「強烈」にオーナーに池本氏の印象が残った。(残せた?)
・だから「困った」時池本氏の事を思い出し「白羽の矢」がたった。
・・・
・・・
と、いうことではないでしょうか?

こう思えるか、「運が良かっただけだよ・・」で片付けて何も変わらない日
常を送るかで3年後、5年後・・例え能力が同じでもまるで違う環境になって
いるのではないでしょうか?

お勧めの本があります。
▼「ツキの大原則」西田文郎著
面白いほど成功するツキの大原則 お金・ビジネス・恋愛・子育て ( 著者: 西田文郎 | 出版社: ...

*「ツキこそ実力」なのである。
この言葉に「え?」と思ったあなた是非読んで下さい。私も「ツキこそ実力」
だと思う一人です。

さて、セミナーに話を戻します。

やはり実践して結果を出した方の言葉は「重み」が違います。
勉強させて頂きました。

講演の気づき一部紹介>
・どんな人でも学びはある。自分の「師」になる。自分の子供からでも学び
はある。
・聞きそこないが起こるのは当たり前。伝える側の問題である。
70%以上伝えるように・・・
・感謝はやはり「手書きのはがき」が最強。ぜひやって下さい。
・判断の基準は「お客様の為になっていますか?」これだけである。
自分達の為ではない。
・・・
・・・
一番ココロに響いたのは

「あなたに夢はありますか?その為に「今」何をしますか?」
*行動判断基準が「夢」になればその「夢」は実現すると言うことですね?
>池本先生・・・

大きな気づきをありがとうございます。

▼起業家支援連絡協議会NPOのホームページ
http://www.kigyoka-shien.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

エンジニアのDがいいます。
「とても無理です。できっこありません。」

突如の言葉にしばし呆然とする私・・・・・
意味が解りませんでした。

「基本設計書」の進捗が思わしくないものの、「大丈夫です。」と言ってい
たので信頼していたのに・・・(いやしようとしていたのか?)

「大型の案件で納品できないと大変な事になる・・」と思った私は、社長に
掛け合い事態を収束しようとしました。既に納期まで2ヶ月を切り、派遣で
開発要員の人数だけは賄えたものの、肝心の「設計書」がないまま、プロジ
ェクトは時間ばかりが過ぎていく・・・

若いエンジニアには「マネジメント」も「設計書」を作成する能力がない・・
と「完全に」思い知らされたのは、納期1ヶ月前でした・・・

その部分を指摘すると、全て「お客」と調整役の「営業」のせいにされる始
末・・・社内も完全に分裂し、3ヶ月前に「一番うまくいっているプロジェク
ト」は「お荷物プロジェクト」とまで言われるように・・・

結局・・「納品できません。」と頭を下げる羽目になりました。
社内実力、体制を理解しないまま「受注」した私に責任があります。

結果、他の案件で穴埋めは出来ず、私は降格・減棒・・・
まあ当然の結果といえばそうでしょうか・・

社内的にも「楽観的」だったIPOへのムードがこのあたりから変わって来た様
に思えます。

当時社長秘書が「IPO!」なんて朝礼の時に叫んでいたのですが・・随分空し
く聞こえました。

まったく「やる気」がなくなった私は、妻に転職の意思を伝え次の会社に向
けて活動を開始しました。
20世紀最後の初夏の事でした・・・次はもっと社内関係で悩むとはこのとき
は思ってもいなかったのでした。


つづく


【今回のポイント】
回りがまったく見えてない状態での「高額」案件は非常にリスクが高いです。
残念ながら当時の私には単独で解決できる力はありませんでした。
早い段階で手を打つことはできたのでしょうが、ポイントを見誤り「最悪」
の結果になってしまう・・・・

うーん、私の人生の中でもかなり「大きな」失敗でした。

私を信頼して「仕事」を任せてくれた方に、いまでも申し訳ない気持ちで一
杯です。その後中型案件を3件振ったので穴埋めは出来ているとは思うのです
が・・

「受注して納品」確かに当時の私はこれしか見えていませんでした。
でも一番大切なのは「納品した結果お客様の業務の役に立ち利益が出る」
事ですよね。そこまで思ってはいませんでした。

勉強させて頂きました。支払った「代償」はとても高いものでしたが・・

------------------------------------------------------
と、こんな感じで書いています。よろしければメルマガにご登録下さい。

▼起業・独立6ヶ月で月収を2倍にする方法!
http://www.hyper-ie.net/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

青年社長/夢に日付を入れた男の成功物語

高杉良著「青年社長」上下を一気に読みました。夢に日付を入れた男の成功物語です。5年くらい前に確か「週間ダイヤモンド」で連載されていました。

「和民」を展開するワタミフードサービス、渡邉美樹社長の立志伝です。

典型的な熱情起業型の氏の「起業決意~株式店頭公開・2部上場」までの軌跡・・いや奇跡を描いた傑作であります。

様々な問題が降りかかる中、回りの協力で解決し、成功と失敗を繰り返し上場を達成する・・素晴らしいです。

当初「つぼ八」のFCとして起業した時には「上場」なんて誰も思わなかっただろう。

最終的には「思いの強さ」と「人間力」なんおだと思わざるを得ない。私も「人間力」を高めたい・・そう思える小説でした。

*最近ビジネス書ばっかりだったので久々に読む小説に興奮しました。起業家の皆様・・ご一読を・・

■青年社長/高杉良著(ダイヤモンド社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

●時間の使い方-インターネット弱者必勝の法則

実は私はもう1誌メルマガを出しています。
お客様の代理発行5誌、代理執筆2誌、自分の2誌・・・
おー結構いい数になっちまってます。
ではいきます!

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-時間の使い方

今回は「時間の使い方」を考えてみましょう。

「ゴメン!時間なくってさあ。。。」てあなたは言い訳使ってませんか?
ホントに時間がないのでしょうか?

違いますよね。優先順位が低いからやらない・・って事ですよね。
だってトイレには行くし、ご飯も食べる。朝「めざましテレビの千佳ちゃん」
には毎朝「おはよう!」って言ってませんか?私だけですか(爆)

さて、これに気がついてから私は「意識」して「時間がない」とは言わない
ようにしています。

▼先日佐藤富雄先生の「あなたが変わる口癖の魔法」を読みました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761259841/hyperit-22
*結構いい本でした。
「できない。」を「できる。」に、「もう」を「まだ」に発想を変える
「口癖通り」の人生になる・・・

私の知人で「金ないっすよ。」が口癖の方がいたのですが、やはり金が
あった試しがない模様・・・

うーん、あなどれませんね・・・

すいません。時間の使い方です。
実は次の「お客様支援で気がついた事」詳細に書きますが、本日参加した
元ドクターシーラボ社長池本氏の講演で「目からウロコ」の時間活用法が
紹介されていました。

「1日10分の時間確保は絶対できる。あなたはボーっとTV観てませんか?
その時間を10分使えば年間なんと60時間にもなる。あなどれません。」

さて、10分で何ができるでしょうか?

・メルマガを流し読みで15本は読める。
・楽天日記、4行日記が書ける
・発行予定のメルマガコラム、編集後記が書ける
・・・
・・・

い、いかん、ついこんな事ばかり考えてしまいます。

【 今回の問いかけ 】
あなたは10分の積み上げで何をしますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■2.お客様支援で気がついた事

起業家支援連絡業議会NPO主催の「元ドクターシーラボ社長池本克之氏の講演
に参加しました。

ドクターシーラボは高機能化粧品メーカーです。平成15年3月ジャスダック店
頭公開した優良企業です。社長任期中売上げを7倍以上に躍進させました。

やはり実践して結果を出した方の言葉は「重み」が違います。
勉強させて頂きました。

池本氏も「成功者は「本」を読む。」の例の漏れず物凄い読書家でした。

講演の気づき一部紹介>
・どんな人でも学びはある。自分の「師」になる。自分の子供からでも学び
はある。
・聞きそこないが起こるのは当たり前。伝える側の問題である。
70%以上伝えるように・・・
・感謝はやはり「手書きのはがき」が最強。ぜひやって下さい。
・判断の基準は「お客様の為になっていますか?」これだけである。
自分達の為ではない。
・・・
・・・
一番ココロに響いたのは

「あなたに夢はありますか?その為に「今」何をしますか?」
*行動判断基準が「夢」になればその「夢」は実現すると言うことですね?
>池本先生・・・

大きな気づきをありがとうございます。
名刺交換くらいすれば良かった・・・しまった。

▼起業家支援連絡協議会NPOのホームページ
http://www.kigyoka-shien.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな感じで毎週金曜か土曜に発行しています。

▼よろしければご登録下さい。
インターネット「弱者」の私でも出来た成功法則

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

人気blogランキングに参加してみました

夏真っ盛りになりました。多少風邪気味の和田です。

いやー、あっついですね。ホットです。
最近blogがホットです。

私も「人気blogランキング」に参加してみました。

まだ良く解っておりません。しかもココログ無料版は自分で勝手にリンは張れないのね。(涙)

---

マイ・リストで出来るのですね。解りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.07

事業基盤を安定させるには?-起業・独立6ヶ月で月収を2倍以上にする方法

起業メルマガ第3号です。

■1.1人起業徒然日記-事業基盤を安定させるには?

サラリーマン時代と比べて「お客様」との関わり方は随分変わっているのに
気がつき、驚いていたります。

サラリーマン時代は余程の事がなければお客様と食事することなんかありま
せんでした。ところが今は逆に食事をしていないお客様はいません。

私には現在17社のお客様がいますが、遠方でお会いする事が難しいお客様を
除いて、直接お会いする事を心がけています。
(これを「接近戦」といいます。)

コミュニケーションレベルの最高は直接お会いする事だと思っています。そ
の中でも「一緒に食事をする。」事が非常に重要だと思っています。サラリ
ーマン時代もそうだったのですが、その後「仲が良くなる。」事が多かった
です。
直接対峙しているときとは違った面を見る事ができるからだと思っています。


さて、前振りが長くてすいません。ここから本題です。

■事業基盤を安定させるには・・・?
今回はこれを見てみましょう。実際に売上げは非常に気になる部分ですが、
その売上げをくれるのは他ならぬ「お客様」です。お客様を獲得するのが一
番大切な事なんですね。

私は「お客様」の数、及び「継続」契約に拘りました。毎月小額でもいいの
で売上げを上げる事ができる「お客様」獲得を最優先課題として取り組んで
来ました。

当初1社だった「お客様」も毎月1~2社のペースで増加しました。
結果として早期に「事業基盤」を安定させる事が出来るようになりました。
現在のサービスが「労働集約型サービス」なので「お客様数」としては20社
が限界だと思っています。

その後の仕組みを現在構築中です。
また紹介させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

毎月人の出入りが激しかったA社ですが、毎月10人採用しては5人退職すると
いうような感じでした。私が入社した時もなんと6人!全員が営業でした。翌
日から来なくなった1人も含め3ヶ月以内に半数が退職・・・・

尋常ではありません。しかし、「ベンチャーってこんなもん?」とも思ってい
ました。

人数が増えたので広めのビルに移転・・この頃が一番のピークだったのでし
ょうか?週2回徹夜で提案書を作成したり、飲んで騒いだり、結構充実した毎
日を過ごしていました。
私に「やる気」を呼び戻してくれたA社には今でも感謝しています。

・1ヶ月でマネージャになり、特にマネージャは「優秀な」方達ばっかりだっ
たので、2年後のIPOは間違いないように思えました。

・大型プロジェクトを2件受注し、私は非常に忙しい毎日を送っていました。

・大きな「失敗」もなくこのまま「いける!」と思っていました。

そう、あの事件が起きるまでは・・・・

つづく


【今回のポイント】
今更なのですが、「会社」という所は「売上げ」を上げる「営業マン」を採
用したいと考えています。ある意味あたりまえなんですが、「売上げ」の上
がらない営業マンはただの経費にしかなりません。

当時A社は売上げを上げる仕組みはまったくなく全て「営業マネージャ」の裁
量に任されていました。これは「信用」ではなく「経営者」の義務の放棄な
んですね。この事に気がついたのは随分後になってからでした。

会社の根幹となる「営業戦略」を構築するのは「社長」の仕事なんです。
私は当時マネジメントしていたメンバーに言われました。
「行く所ないっすね。」
「武器もないのにどう闘えというのですか?」

マネージャ達は私もそうだったのですが、会社というよりは自力信用で仕事
を持って来れる人達ばっかりでした、だから尚更部下にも同じ事を求めてい
ました。特に私はそうでした。今となっては反省しています。

「誰にでも「売れる」仕組みを創り上げる」これが一番重要なのですね。

▼と、こんな感じで書いてます。ぜひご登録下さい。
http://www.hyper-ie.net/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力

今回は「口コミ」を考えてみましょう。

インターネット集客手法ととしては様々なものがあるのですが、それでもや
っぱり「最強」なのは「口コミ」になります。

今話題沸騰の「アフィリエイト」プログラムは、まさにインターネットでの
「口コミ」ではないでしょうか?私は最初「アフィリエイト」って実はあま
り良く思っていなかったし、企業で利用してさっぱり効果がなかったので、
自分の努力不足を棚に上げて「駄目だね・・」と決め付けていたりしました。

しかし、「インターネット」での「口コミ」がアフィリエイト・・と気がつ
いてから考えが大きく変わりました。(苦笑)

最近起業支援をスタートさせた事もあり、起業志望の方へ良質な情報、教材、
商材は自分でも作成している最中ですが、自分より優れた方の「講座」
「教材」は積極的に紹介していく形で進めています。
●また紹介させて頂きます。

さて、「口コミ」ですが、やはりあなたのサービス・商材が

「誰かに話したくなる。」

となっている事がもっとも重要です。自分が「お客」になった視点で見てみ
る事が一番重要です。

そして、、、、

「諦めない事」

小さな成功者達は「運」「タイミング」で成功したのではありません。
「継続」したからです。「継続」できたからですね。

「諦めない事」

先日プレスリリース(以下PR)系の本を立ち読みしていた時、こんな言葉
がありました。(多分大分違いますが趣旨は合ってます。)

「PRを出そうとしても実際に出すのは10%もいない。そして出しても掲載さ
れないとそこで止めてしまう。10回以上掲載されないのに出し続けるのは1%
もいないのではないだろうか?PRを出し続ければいつかは掲載される。
ただ、それだけのことだ。でも皆やらないんだよな。」
九州ベンチャー大学の栢野さんだったように記憶しています。

つまり
「成功するまで、諦めない事・・」

これを「口コミ」に例えると

「口コミを起こさせるまで、諦めない事・・」となりますね。
●この言葉は「自分」にも言ってます。

具体的な起こし方は下記の「本」で学べます。

■参考図書・・どれもお勧めです>
神田昌典先生著「口コミ伝染病」

トム・ピーターズ先生著「セクシープロジェクトで差を付けろ!」

セス・ゴーディン先生著「バイラルマーケティング」

エマニュエル・ローゼン先生著 「クチコミはこうしてつくられる」

【 今回の問いかけ 】
やはり「口コミ」が起きるのも、また起こすのも
                  「誰に?」「何を?」ですね。

あなたは「誰に?何を?」提供するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.01

優先順位をつける-1人起業徒然日記

本日「感動起業メルマガ|起業・独立6ヶ月で月収を2倍以上にする方法」第2号発行しました。


■1.1人起業徒然日記-優先順位付け

あなたの行動を振り返ってみましょう。一番最初にはじめるのはどの事から
でしょう。
まず今日、「さあ仕事だ!」とおもった時「何からはじめましたか?」

「                                」
思い浮かびましたか?

では、昨日は「何からはじめましたか?」
「                                」


さて、何を申し上げたいかというと、

      「重要な事からはじめる事がはじめる事が大切・・・」

ということです。

我々はつい、
「今日まで報告しなくてはいけないから・・」
「急げ!って言われたから・・」
「明日別の仕事が入るから・・・」
・・・・
・・・・

といった理由で、「急ぐもの」を無意識に「優先」してしまいます。

「え?当たり前でしょ?」と思われた方多いと思います。

確かに、
「重要で、且つ急ぐもの」は最優先で取り組みます。これはそうですね。

ポイントは
「重要でないけど、急ぐもの」これを最初にしている場合です。
結構多いはずですよ。
「ああー、今日は片付いたし、そうそうコレやろうか・・・」
とはじめた時(あなたにとってとっても「重要なモノ」だったとします。)

そんな時あなたの上司が・・
「悪い!コレ急ぐから、頼む!」と来た場合通常受けてしまいますよね?
で、時間は過ぎ・・・
(あなたにとって「重要なモノ」は終わりませんでした・・・)

・・・・
・・・・
そして、「時間がないから・・・」とつぶやく自分がいる。
そんなことはないですか?


なかなか気がつかないのですが、
「重要で、急がないもの」に目を向けてみましょうということです。
あなたもリスト化してみましょう。
その中には、
・留学をするため、「英会話」の勉強をはじめる。
・新規顧客獲得の為の、ホームページ作成、メルマガの準備をする。
・資格の勉強を開始する。
・・・
・・・
というのもあるかも知れません。

ですが、「急がない」のでまったく手が付かないまま、1ヶ月、3ヶ月、半
年経っていたりしないでしょうか?

私もこの話を一番最初に知ったのは名著「7つの習慣」でした。
▼7つの習慣―成功には原則があった! スティーブン・R・コヴィー
「7つの習慣」

*これは「名著」ですので、だまって3回読んで欲しい本です。

が、なかなか出来ないものなのです。先日とあるセミナーでこの話が出た時
「ああ、知っているよ」と思ったのですが、さて、出来ているか・・・
と思ったら出来ていない自分に気がつき「愕然」としました。

なので、今は意識して取り組んでいます。
手帳を併用して活用すると無理なく「意識」出来るようになりますよ。
(*コレはまた紹介しますね。)

一番最初に取り組むこと・・それは・・
「あなたが最も重要だと思っていること」からです。
急ぐ、急がないは関係ないのです。

「重要なこと」です。

あなたの「一番重要なこと」はなんでしょうか?
早速明日から取り組んでみましょう。

2週間毎日続けていると「習慣」になるはずです。
そして、3ヶ月後・・大きく変わった「自分」に驚くと思います。

*私はこれが「目標実現」「夢実現」の大きなポイントではないかと思って
います。
だから、「紙に書くこと」「何回もみること」とあらゆる成功本に書いてあ
るのではないかと思うのです。
そう「あなたの行動が変わる」からですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

インターネットベンチャーA社は私に「活力」を呼び戻させてくれました。
転職前の半年やる気がまったくなかった私は、自分の給与を随分下げてまで
来たかいがあったと当初は思っていました。

前職で「お世話になった会社」「お世話した会社」に挨拶すると・・
「この不景気の時代に、和田さんは偉い!」
「で、今度の会社は?」
となり、少々説明すると・・・
「丁度良かった・・・・・という案件があるんだけど、お手伝いは可能?」

なんて、ラッキーな話が3件立て続けにきたりしました。(本当)

が、入社2週間の私は社内事情が良く解っていなかったのと、会社の方針が
「とにかく何でも「受注!」」だったので、全て仕事としてしまったわけで
す。当時の「私と会社」はとっても喜んだものの・・これが悲劇のはじまり
でした。

1ヵ月後「チーム」を持つことになった私は、完全に「フルスロットル」の
状態で飛ばしはじめました。10年前にエンジニアだった時以上に仕事に没
頭し、週のうち2日は「徹夜」でした。

当時は「IPO」したら・・・なんて思っていたのです。

つづく・・・

【今回のポイント】
所属場所を変えるだけで「大きな変化」は来ます。その結果が良い、悪いは
関係ないですね。私はこの時点で「システム会社」をエンジニア数名と起こ
していれば「当面」の仕事には困らなかったわけです。
(これも随分経って気がついた事ですが・・・)

自分の現状に「価値」があると解っていない場合多いです。私は前職にいる
時に如何に自分の会社、及び自分が「お客様」に行っている事に「価値」が
あると理解していなかったのです。

あなたの「価値」はなんでしょう?コレ本当に大きなポイントですよ。
自分で自分の事は解らない。自分の知っている事は「対したことない」と思
っていませんか?周りの人に聞いて見ましょう。自分の事を・・・・

▼と、こんな感じで書いてます。ぜひご登録下さい。
http://www.hyper-ie.net/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »