« 感動起業メールマガジン発行 | トップページ | インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力 »

2004.07.01

優先順位をつける-1人起業徒然日記

本日「感動起業メルマガ|起業・独立6ヶ月で月収を2倍以上にする方法」第2号発行しました。


■1.1人起業徒然日記-優先順位付け

あなたの行動を振り返ってみましょう。一番最初にはじめるのはどの事から
でしょう。
まず今日、「さあ仕事だ!」とおもった時「何からはじめましたか?」

「                                」
思い浮かびましたか?

では、昨日は「何からはじめましたか?」
「                                」


さて、何を申し上げたいかというと、

      「重要な事からはじめる事がはじめる事が大切・・・」

ということです。

我々はつい、
「今日まで報告しなくてはいけないから・・」
「急げ!って言われたから・・」
「明日別の仕事が入るから・・・」
・・・・
・・・・

といった理由で、「急ぐもの」を無意識に「優先」してしまいます。

「え?当たり前でしょ?」と思われた方多いと思います。

確かに、
「重要で、且つ急ぐもの」は最優先で取り組みます。これはそうですね。

ポイントは
「重要でないけど、急ぐもの」これを最初にしている場合です。
結構多いはずですよ。
「ああー、今日は片付いたし、そうそうコレやろうか・・・」
とはじめた時(あなたにとってとっても「重要なモノ」だったとします。)

そんな時あなたの上司が・・
「悪い!コレ急ぐから、頼む!」と来た場合通常受けてしまいますよね?
で、時間は過ぎ・・・
(あなたにとって「重要なモノ」は終わりませんでした・・・)

・・・・
・・・・
そして、「時間がないから・・・」とつぶやく自分がいる。
そんなことはないですか?


なかなか気がつかないのですが、
「重要で、急がないもの」に目を向けてみましょうということです。
あなたもリスト化してみましょう。
その中には、
・留学をするため、「英会話」の勉強をはじめる。
・新規顧客獲得の為の、ホームページ作成、メルマガの準備をする。
・資格の勉強を開始する。
・・・
・・・
というのもあるかも知れません。

ですが、「急がない」のでまったく手が付かないまま、1ヶ月、3ヶ月、半
年経っていたりしないでしょうか?

私もこの話を一番最初に知ったのは名著「7つの習慣」でした。
▼7つの習慣―成功には原則があった! スティーブン・R・コヴィー
「7つの習慣」

*これは「名著」ですので、だまって3回読んで欲しい本です。

が、なかなか出来ないものなのです。先日とあるセミナーでこの話が出た時
「ああ、知っているよ」と思ったのですが、さて、出来ているか・・・
と思ったら出来ていない自分に気がつき「愕然」としました。

なので、今は意識して取り組んでいます。
手帳を併用して活用すると無理なく「意識」出来るようになりますよ。
(*コレはまた紹介しますね。)

一番最初に取り組むこと・・それは・・
「あなたが最も重要だと思っていること」からです。
急ぐ、急がないは関係ないのです。

「重要なこと」です。

あなたの「一番重要なこと」はなんでしょうか?
早速明日から取り組んでみましょう。

2週間毎日続けていると「習慣」になるはずです。
そして、3ヶ月後・・大きく変わった「自分」に驚くと思います。

*私はこれが「目標実現」「夢実現」の大きなポイントではないかと思って
います。
だから、「紙に書くこと」「何回もみること」とあらゆる成功本に書いてあ
るのではないかと思うのです。
そう「あなたの行動が変わる」からですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

インターネットベンチャーA社は私に「活力」を呼び戻させてくれました。
転職前の半年やる気がまったくなかった私は、自分の給与を随分下げてまで
来たかいがあったと当初は思っていました。

前職で「お世話になった会社」「お世話した会社」に挨拶すると・・
「この不景気の時代に、和田さんは偉い!」
「で、今度の会社は?」
となり、少々説明すると・・・
「丁度良かった・・・・・という案件があるんだけど、お手伝いは可能?」

なんて、ラッキーな話が3件立て続けにきたりしました。(本当)

が、入社2週間の私は社内事情が良く解っていなかったのと、会社の方針が
「とにかく何でも「受注!」」だったので、全て仕事としてしまったわけで
す。当時の「私と会社」はとっても喜んだものの・・これが悲劇のはじまり
でした。

1ヵ月後「チーム」を持つことになった私は、完全に「フルスロットル」の
状態で飛ばしはじめました。10年前にエンジニアだった時以上に仕事に没
頭し、週のうち2日は「徹夜」でした。

当時は「IPO」したら・・・なんて思っていたのです。

つづく・・・

【今回のポイント】
所属場所を変えるだけで「大きな変化」は来ます。その結果が良い、悪いは
関係ないですね。私はこの時点で「システム会社」をエンジニア数名と起こ
していれば「当面」の仕事には困らなかったわけです。
(これも随分経って気がついた事ですが・・・)

自分の現状に「価値」があると解っていない場合多いです。私は前職にいる
時に如何に自分の会社、及び自分が「お客様」に行っている事に「価値」が
あると理解していなかったのです。

あなたの「価値」はなんでしょう?コレ本当に大きなポイントですよ。
自分で自分の事は解らない。自分の知っている事は「対したことない」と思
っていませんか?周りの人に聞いて見ましょう。自分の事を・・・・

▼と、こんな感じで書いてます。ぜひご登録下さい。
http://www.hyper-ie.net/mailmag.html

|

« 感動起業メールマガジン発行 | トップページ | インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40406/880985

この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位をつける-1人起業徒然日記:

« 感動起業メールマガジン発行 | トップページ | インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力 »