« 抜群のダイレクトメール | トップページ | 驚異のダイレクトメール »

2004.07.29

リスクを犯さず儲ける方法

感動起業メルマガ6号です。ではいきます!

■1.1人起業徒然日記-リスクを犯さず儲ける方法

リスクをあまり犯さずに比較的短期間にサラリーマン以上の収益を上げ
るには・・・・これを今回は考えてみましょう。

商売の原則は、
「あなたが仕入れた商品を仕入れた以上の価格で販売する。」

ということになります。巷に流れる「オークションで月100万儲ける!」とか
「アマゾンで月30万儲ける!」とかノウハウがあったりしますが、要は「売れ
そうな」商品を安く仕入れて、高く販売すればいいのです。

単純に「高く」するだけでは「比べられて」しまうので、その商品にしかな
いものを付加価値としてつければ「高く」できるわけですね。

が、その付加価値も「産み」の苦しみがあります。もちろん時間も掛かりま
す。最初は中々思いどうりのものは作れなかったりします。

ただこの場合も例え失敗しても失うのはあなたの掛けた時間だけですのでリス
クは低いですね。

そこで、一番手っ取り早いのが、あなた自身を売り物にしてしまう方法です。
これならまず商品そのものがいらないですから仕入れが発生しません。なので
粗利100%です。

コンサルタントはこの形態ですね。しかも資格を必要としていませんので、名
刺を作れば誰でもコンサルタントになれるわけです。

ただし、問題は「あなたのお客さん」をどう掴めばいいのか????
これが肝ですよね。

今最終調整段階に入っている、
「感動起業で「あなたも」6ヶ月で前職の2倍以上の月収を獲得できる!」
は、あなたの顧客獲得の参考になるエッセンスが満載されています。

8月中旬にはお届けいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

外資系から日本企業に戻った私は意気揚々と働いていました。回りの期待も大
きかったのと、比較的パブリシティ戦略はうまく行っていたので問合せもかな
りあったのも後押ししていました。

商品紹介・事例紹介セミナーの集客から見込み化しそして成約に繋げるという
今までやってきた方法はこの会社でも大きな成果が出て来ました。

実際にセミナーをきっかけに2社受注し、その他見込みは金額で2億くらいあり
ました。その状態を9ヶ月で構築出来たので自分ではかなり満足いく結果で、
「さあ!これからだ!」と思っていた矢先・・・・

リストラをくらいました・・・今思うに小さな会社が扱うには荷が重すぎたの
だと思います。初回アプローチから成約まで短くても3ヶ月はかかります。し
かも開発期間・費用もかなりの期間・金額だったりしました。

会社としても苦渋の決断だったのでしょう。そんな簡単に採用はできない素晴
らしい人材ばかりが集まっている会社でもありました。

私も非常に気に入っていたのと、仕事内容も納得できるものだったので、かな
りの精力を注いでいました。だから比較的早く成果が出せそうだったのです
が、花が咲く前に刈られてしまいました・・・

落ち着いて考えればこうなる事は予測できたのでした。認識が甘すぎた・・私
に原因がある・・と落ち着いて考えられるようになるにはかなりの時間が掛か
りました。

ただ、今は感謝しています。「起業しよう!」と思えるようになったのはコレ
のおかげですから・・・・

ただ、この段階ではまったく準備をしていなかったので、家族もいるし失業給
付だけでは「毎月赤字」ですから会社には入る事にしたのでした。

転職活動は凄く苦労しました。私は比較的いい条件で決めて来た人だったので
すが、さすがに6社も経験している人間を特に大手は「面接」すらいきません。
結構面接には自信があるので、そこまでいけば・・・と思っていたのです
が・・

それでも営業職はいいもので、3社内定が出ました。でもね、条件が酷いので
すよ・・・
・基本給20万に成功報酬・・
・基本給25万にノルマ達成金・・粗利2400万やってくれと言われました・・た
いしたことないなあ・・と思っていたら粗利利率15%以下でした。。約2億円の
売上げです。コレができるなら社長やってます!とっくに・・・

失業給付のがましですよ。これじゃ・・・

あーあ・・・とこんな感じで20社は行ったでしょうか?しかし幸いな事に知人
から紹介され、まあ、この条件ならいいか・・という金額を提示されたサラ
リーマン最後の勤め先になる零細企業J社に行ったのでした。

J社はネタの宝庫のようなところでした・・どう表現すればいいか・・
わずか9ヶ月しか在籍しなかったのですが、ある意味社員にとってはとっても
いい会社でした、ただその部分が私は嫌いでしたが・・・・

つづく


【今回のポイント】
自ら「起業」しようと思っても一部の限られた熱情起業家以外はなかなか踏み
出せないものです。まだまだ「起業」は特別な事なのです。私もリストラされ
なければまだこの会社にいたと思います。

ただ思うのですが、「無理」に起業する必要はないと思います。知人にサラ
リーマンしながら講演したり、本を書いている人も増えてきました。
先を見据えやりたい事をやってきた結果だと思います。

「起業」は自己表現の一つです。それが多くの人を幸せにし、それが収益に繋
がるのであればこんないい事はないでしょう。

先日右脳開発.comの寺下先生の「目標設定セミナー」に参加しました。知って
ましたか?中国では死んでからのが重要だそうです。自分が子孫にどう語り継
がれるかが重要なのだそうです。

あなたは墓標になんて書かれたいでしょうか?それを自分のミッションとして
生きる事・・・

5年、10年は直ぐ経ってしまう事は今までの経験から解っています。
あなたは5年後、10年後どうなっていたいですか?

|

« 抜群のダイレクトメール | トップページ | 驚異のダイレクトメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40406/1080595

この記事へのトラックバック一覧です: リスクを犯さず儲ける方法:

« 抜群のダイレクトメール | トップページ | 驚異のダイレクトメール »