« 起業2年目にして思う | トップページ | 日本語の豊かさ-インターネット「弱者」必勝の法則 »

2004.09.05

戦後の日本を支えて来たもの

1人起業徒然日記-戦後の日本を支えて来たもの

日本は戦後奇跡的な復興を遂げ、世界で有数の経済国になりました。

これは最後まで諦めずにやり遂げる、感動的なプロジェクトが支えて来ていた
のです。


「プロジェクトX特別編」後楽園プリズムホールで開催していました。
奇跡を巻き起こした過程と、成果が紹介されていました。

ご覧になられた方いらっしゃいますか?

私の最近のマイブームは「今日の一言」。その日に感銘を受けた一言を手帳に
書きとめておくというものです。
いつもは多くても2つ程度なのですが、この日は一杯になりました。

●トヨタ自動車 開発主査 中村健也氏
「開発は夜行列車の運転と同じだ。
先が見えなくても度胸で走り続けなさい。」

●ヤマト運輸 加藤房男氏
「つらいとき心のささえになったのは後ろの荷物でした。
そのひとつひとつにまごころがこもっているんです。」

●富士通 池田部長
「全ての開発は感動からはじまる。
感動する心を信じて打ち込め!」

そして・・・

●日本警備保障 飯田会長
「どんないい仕事でも辞めれば失敗になるんです。
正しいと思った事は辞めなければ必ず本物になる。」


私は個人で活動していますが、個人でもプロジェクトはできます。
既に多くの方に協力を頂きながら、ゆっくり始めています。

●あなたのプロジェクトはなんですか?

▼私のベスト「プロジェクトX」ツッパリ先生と泣き虫先生
http://tinyurl.com/5h8cq

|

« 起業2年目にして思う | トップページ | 日本語の豊かさ-インターネット「弱者」必勝の法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40406/1360254

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の日本を支えて来たもの:

« 起業2年目にして思う | トップページ | 日本語の豊かさ-インターネット「弱者」必勝の法則 »