« アフィリエイトのポイント1 | トップページ | Catch me if you can »

2004.10.23

引き付けるスピーチ

■1.1人起業徒然日記-引き付けるスピーチ

ジャストシステム主催のナレッジマネジメントフォーラム2005に参加しました。
基調講演が大前研一氏、斎藤孝氏でした。

一部をシェアします。

大前研一氏>
・「答え」を教える教育の日本は考える力が弱い。「答え」を導き出す
「発想力」を鍛える事。
・総合、巨大な会社より、特化型企業が新興勢力として台頭。
・個人の持つ力が今ほど強い時はない。
・「これは新しい」という情報と自分の知識を融合させるだけで更に
前進できる

斎藤孝氏>
・上手にミッションを与える事ができるのが上司の仕事。
・「愚痴」は言わない。紙に書いて発散させる事。
・体が堅くなると柔軟な「言葉」「文章」が出ない。体を柔らかくする体操を
すること。(実際にしました。疲れたときすると効果てきめんでした。)

■お二人とも非常にアツイ語りで飽きる事がない時間でした。
特に斎藤孝氏はステージで体一杯使って表現されていました。
*500人以上の聴衆を一瞬で引き付けていました。

私の私見なのですが、アツイ語りが「引き付けるスピーチ」です。
ある程度は練習すれば出来るようになります。

*苦手な人は、お風呂場で練習するのがオススメです。

アツク語れない人は経験上偉いポジションに就けません。たまに間違って就い
てしまう人がいますが、ほぼ間違いなく早期に失脚しています。

●あなたは「アツク語る」事が出来る人でしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.起業アイデアフラッシュ!-ヤフーオークション

「安く仕入れて、高く売る」これが原則ですね。
今回もジャブです。ヤフーオークション(以降ヤフオク)です。

これは先週のアマゾンマーケットプレイスより少々面倒です。

まずは利用してみましょう。Yahooの会員(月額280円)になる必要があります。
(私はまず欲しいものが出た際にヤフオクを探すくせが付きました。)

まずはそこで実際に購入してみて感触を掴みましょう。

いきなり「自分のホームページで売る」というのはかなり高確率で失敗します。
これは何故かというと、誰も見てくれないからですね。

例えていうと、一日10人しか通らないところでお店を出すようなものなのです。
だから最初は市場(ヤフオク)に出しましょう。

*商材にもよりますが、私は今のところ期限内に売れなかった事はありません。

用意するもの
1・商材
2・あなたが売る商材の画像1点~3点
3・紹介文(様々な人のものを参考にしましょう)

*これを事前に準備しましょう。

*高額販売のポイント
・今は手に入らない、入りづらいもの、だけど自分は不要なもの。
・単品ではなく、セット販売にして割安感を出す。
・英語が出来る方は「海外」で安く仕入れて「日本のヤフオク」で売る。
(オークション関連の「月100万」系のノウハウは大体これでしょう。
あくまで勘ですが・・当然それなりの努力は必要です。

*まずは自分の「不要品」を出してみましょう。

*ジャブ3連発!次回はフリーマーケットです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.【注目!】メルマガの新しい活用法をご提案

スーパービジネスマン養成講座を主宰する吉江勝氏より許諾を得て、吉江氏の
画期的な次世代メルマガ成功法則の取り扱いを開始しました。

▼理想の自分になれば圧倒的に儲かる/メルマガ営業戦略戦術篇
http://www.hyper-ie.net/mailmag/index.html

実は現在は毎週張り切ってメルマガを発行していますが、一時期発行する度に
読者は減るわ、感想はまったく来ない、商材も売れない・・で止めようと思っ
ていたのです。

しかし、吉江氏の「メルマガ営業戦略戦術篇」を一読して「もう一度頑張ろ
う!」

メルマガって「理想の自分になる」一つの手段にもなるのですね。
皆様にもオススメいたします。

▼しかも特典付き!詳細・申込みは
http://www.hyper-ie.net/mailmag/index.html

|

« アフィリエイトのポイント1 | トップページ | Catch me if you can »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40406/1749309

この記事へのトラックバック一覧です: 引き付けるスピーチ:

« アフィリエイトのポイント1 | トップページ | Catch me if you can »