« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.29

人の問題は思っていたより大きい

●元同僚の友人Hさんより相談がありました。
今のまま継続するか、別な事業部と一緒にやるか、それとも同士を募って
別会社で独立するか・・私と同年代の悩みは尽きませんね。

●下記が私の回答です。起業を考えている方、ぜひご参考に・・

------
Hさん

最終的に組織は人の問題になります。
大型受注や大きな問題も組織があるからこそ「嬉しかったり」「解決したり」
するわけです。

私のようにたかだか年商1千万くらいでは数百万の規模でもアタフタするわけ
ですね。幸いな事にそんな問題はおきません。

最終的に「人」の問題が付きまといます。恐らく5人を越えると必ず
発生する問題になるでしょう。一番重要なことですからね。

現実の業務より「人」の問題解決のが多くなると思います。
加えて分社化しても自分がオーナーでない限り「不満」は別の形ででるで
しょう。

・私ならですが・・・
単独で「代理店」としてビジネスを立ち上げます。
実際にHさん自身が獲得したお客様の売上げは分けてもらってスタート
するのはいかがでしょう?

また最初から人を雇う場合は結構危険ですので、一人でされるのをオススメ
します。個人事業で難しければ、一円起業、海外法人でもいいでしょう。

何度か話していますが、年商一千万を一人で稼ぎ出すのはそんなに難しい事
ではないです。どうってことないですよ。(ま、出来たからですが・・)

私の周りの一人社長で年商一千万にいっていない人はいません。

保証はしませんが恐らくビジネス経験5年以上あれば大抵の人には出来るので
はないでしょうか?

事業規模が小さければ「単価」を下げる事ができます。
そういう顧客を10社も獲得できれば道は開けます。

・最初から人の問題を抱え込む必要はないです
一人で起業した場合当初は「人」の問題はまったく発生しません。
当たり前ですね、いないのですから・・

考えなければいけないのは「粗利」だけになります。

私は起業しようとしたとき「共同経営」を視野に入れていたのですが、しなく
て良かったと思ってます。多分うまくいかなかったでしょう。
しかも「依存心」は誰にでもありますからうまくいかなかった時、人のせいに
しちゃうと思うのです。

・結論からいうと
当初からチームで起業することより一人のが圧倒的に楽です。
事業基盤が構築できてから「人」を雇えばいいのです。

一人社長の場合なんでも自分一人ですから何かと大変ですけどね。
それでも「人」の問題より楽ですよ。

※私のアドバイスはここまでです。
最終的に決めるのはHさん自身ですから・・・

昨年観た映画「ポーラーエクスプレス」でこんな言葉がありました。
「重要なのは行き先ではない。乗ると決める事だ。」

健闘をお祈りします。

-----

※起業脳の創り方は来週からになります。ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

少しずつ変わろう・

■3.起業アイデアフラッシュ!-少しずつ変わろう・・

起業する為には「依存」する心から「自立」する心に変わることがどうしても
必要だと思います。実際それさえ出来てしまえば大丈夫ではないでしょうか?

ということで今回よりすこしづつ変わる事を考えてみましょう。

私も起業してから1年半が経過しました。当初1社だったお客様は現在30社を超
えるまでになっています。

スタートとしてはもしかしたら順調かも知れません。ただそんなに特別な事を
したわけではないと思います。

恐らく「ポイントは?」と聞かれた場合・・・・


「勉強をしたこと」「ご縁を大切にしたこと」


この2つをあげる事になります。
実際この2つが出来た人は、特に私の周りの起業家は全てこの2つだけで殆ど
成り立っているのではないかと思われます。

前置きが少々長くなりましたが、「勉強」はどうすればいいかと・・
実はとっても簡単だと思います。


「本」を読んで下さい。はい、基本的にはこれだけでいいと思います。


そして大量に読むことが、あなたを次のステージに引き上げる事になると言え
ます。

「???」と思ったあなた1ヶ月に何冊「本」を読まれていますか?
最低でも10冊読みましょう。年間で120冊読める事になりますね。私の経
験では、100冊を越えたあたりから、考えに「閃き」が増え、そして「自分
に必要な本」というのがすぐ解るようになったので無駄な本を読まなくても大
丈夫になったような気がします。


通勤時、新聞、雑誌、週刊誌ではなく「本」に替えて見ましょう。
毎日が難しい場合は、週3日でもいいと思います。

▼起業向けの本を1ページ纏めました。ぜひ参考にしてください。
http://www.hyper-ie.net/book/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.15

顧客中心型発想法

3.起業アイデアフラッシュ!-顧客中心型発想法

先日仲間うちで集まりがあり、40分ほどお話させていただきました。

題目は「凡人でもできる年収1千万獲得集客法」にしました。

ポイント>

・収益は顧客からしか生まれない

・毎月一定額を頂戴でいる一定数以上のお客の確保

・熱情型起業は僅か5%・・残りは仕方なく起業である
(もちろん私もそうである。)

・給与所得者と起業家は「心構え」が違う

・「何で起業」ではなく「誰をお客に」ではじめる

・あなたは「お客さん」の問題をどう解決するのか?

・セミナー参加者の中に「お客」はいる。
起業セミナーにはいないので、参加するなら「経営者中心」のセミナーへ

・・・

なんとか形になりました。

次週より、起業家の「心構え」の創り方について連載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

自分の成長はどのように?

3.起業アイデアフラッシュ!-自分の成長はどのように?

過去の自分を振り返ると「自分の成長」に気がつく瞬間がありますよね?
でもこの「自分の成長」ってなんでしょうか?

子供であれば・・
「大きくなったね。」
「歩けるようになったね。」
「字が書けるようになったね。」・・
とか、やはり出来ない事が多いわけですから、すぐ成長に直結するわけです。

しかしながら大人はどの視点で「成長」を計ればいいのでしょうか?

::
::

やはり出来ない事が「できるように」なった事だと思うのです。
簡単な事でいいのではじめる事をオススメします。

今気がついたのですが比較的ルーチンワークに近い形だと、ある程度こなせる
ようになると、あまり上を見なくなりませんか?
私はソフトウェアの保守をしている時そんな感じでした。

恐らく最初は必ず出来る「目標」でいいのだと思います。

例えば・・
「読んでいる週間雑誌を一つ止め、代わりにビジネス本にする」
「月1回は家族で出かける日にする。」
「週に1回1時間早く起きる日を作る。そこで「時間あったらやろう」と思って
いることをやってみる。」
・・
・・
これなら出来ませんか?一つ一つ達成すればそれでも自信がついて来ます。
これが目標設定のポイントのような気もします。

私も起業家の端くれなので、昨年も今年も目標を立てました。

私の場合継続契約の顧客数と月商にしています。
昨年の初頭には「こんな数字できるかな?」と思っていたのですが、「ご縁」
と「運」に恵まれ比較的早期に両方とも達成出来ました。

今年も出だしは順調です。あまり手を掛けずに大きな効果を出せる企画を思案
中です。ほぼ固まりつつありますので、別途ご案内させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

コミュニケーション力向上

■■3.起業アイデアフラッシュ!-コミュニケーション力向上

コミュニケーション力を向上させたいと誰もが思っていますよね?

特に私みたいな一人社長の場合は、コミュニケーションにかかっていると言っ
ても過言ではありません。

潜在意識?って聞くとなんか「怪しい?」って思っていませんか?
私も2年位前まではそんな一人でした。

でもマーフィーの法則は随分前に読んでいたりしたのです。
そして・・「本当かなあ?」と思っていたのですが・・・

-本当の事なのです-

潜在意識は万能ですので味方につけてしまえば最強の力を発揮できます。

コミュニケーションでその潜在意識を活用しコミュニケーション力を向上させ
る本を紹介します。

NLPの進化版コミュニケーションスキル
▼強いリーダーはチームの無意識を動かす 橋川硬児、石井裕之(著)
http://tinyurl.com/6j9ls

※チームマネジメントにフォーカスした内容ですが、日常生活にも応用できま
す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »