2005.04.24

ジャンプ

前にDVD販売店でパッケージを手に取り中身が気になっていた「ジャンプ

私は公開されていることすら知らなかった。
頭の片隅に残っていたので、レンタル店に行くたびに探すのだが3店探しても見つからない・・

アマゾンのレビューもいいのでギフト券もあったから購入し昨日鑑賞した。

面白かったです・・

もし恋人が「5分で戻るから・・」と行っていなくなったらあなたはどうしますか?

何年か経ちふとした機会で明らかになった事実・・・
でも「もし・・・だったら?」の問いかけに・・

「それでもいつかは今の道を歩いていたと思う。あなたも幸せな家庭を持っていたはずよ。」

の言葉が印象的でした。

映像の迫力に確かに劣る事が多い日本映画。しかし昨年は
「世界の中心で愛を叫ぶ」「いま、あいにゆきます」

同じ日本人の空間だからだろうか?共感できる作品が増えて気がする。

▼ジャンプ 原田泰造、牧瀬里穂、笛木優子(アマゾンのページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)