2005.08.03

ハイテクをブレイクさせる

あらゆるところでオススメになっている「キャズム」ジェフリー・ムーア(著)
を読みました。
http://tinyurl.com/d588w

画期的な、世界初・・と鳴り物入りで市場に出そうとしても出れない、一時期
ニュースになったが、知らない間に消えていったサービス、商品。。いっぱい
あるわけです。

製品の成長曲線があるわけですが、そのひずみを「キャズム」と言っています。
「キャズム」から抜け出せなければ発展はありえないわけですね。

米国の成功したITベンダーがどのようにして「キャズム」を抜けて、成長を遂
げていったか、豊富な事例と共に紹介されています。

IT系のセールス、マーケティング担当者には参考になるでしょう。
特に新商品の担当者の方には、目からウロコが何枚も落ちると思います。

※私は起業前「新商品」のマーケティング、セールスの責任者を3社ほど経験
したのですが、その時に読みたかったです。今更ですが。。

▼「キャズム」ジェフリー・ムーア(著)
http://tinyurl.com/d588w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

人生を変えた贈り物

世界的なピーク・パフォーマーであるアンソニー・ロビンズの
「人生を変えた贈り物」を読まれましたか?

これは「自分を高めたい方」は必読でしょう。
久々に私の中でもヒット作でした。

この本でも、「諦めなければ成功する」
ああ、いつものパターンですね。なんて思っていたのですが....

著名人がいかにどん底から這い上がるまでの過程が書かれておりました。
カーネル・サンダース、ビリー・ジョエル、本田宗一郎....


-「決断の瞬間にこそ、運命は形づくられる」アンソニー・ロビンズ-
この言葉に震えが来ました。


この本は先行者の事例紹介書だけではありません。
実際にどのように実践すればいいのかが非常に解り易く書かれています。


また、この本の訳がいいんですね。
そのきっかけとなったエピソードを紹介します。

ロサンゼルスに在住していた訳者はロビンズのCDを聴きました。その結果セミ
ナーに参加したい気持ちで一杯になって、一番早いのがマレーシアと知った彼
は、いてもたってもいられずマレーシアに飛びます。(凄い行動力ですね)

「ロビンズに会いたい!」そう思った彼は、最高級のホテルに宿泊し、セミ
ナー前に読みどうりロビンズに遭遇しました。

ただその時非常に具合が悪そうだったのです。ロビンズはインフルエンザにか
かり40度以上の熱があったそうです。しかし翌日からのセミナーは朝から晩ま
でエネルギッシュに動き数千人に最高の感動を与えたそうです。
つまり一晩で直してしまったということですね。


実は私もこれと同じ経験を妻で見ています。

当時妻は某スーパーに勤務しておりました。仲間との旅行を10日後に控えてい
たのに夜高熱が出てしまったのです。このスーパーは勤怠管理が徹底しており
体調不良の休暇は予定の休みと強制的に振り返られてしまうのです。
つまり、旅行にはいけない。。

「こんなに楽しみにしているのに。。」

そう思った彼女は「一晩で治す「決断」」をしたのでしょう。
その時の顔の輝きは今でも脳裏に焼きついています。

「まさか!!」

翌日朝平熱になっており、元気に出勤しておりました。
小さいかも知れませんが「奇跡」ですね。
-その後同じようなものを私は2回ほど見ています-

人間の持つ無限の力、、その活用方法がふんだんに盛り込まれています。
あなたの人生を変える一冊になるかも知れません。

▼人生を変えた贈り物 アンソニー・ロビンズ(著)
http://tinyurl.com/anvyr

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.01.08

日記の魔力

私にとっては久々の良書でしたので、皆さんにも紹介します。

日記の魔力-表三郎(著)
タイトルだけで「おっ!」と思ったので、珍しく衝動買いだったのですが、久々の良書でした。

●日記は自分の無限の生命エネルギーを信じて人生を切り開いていくという本当の意味での「自力本願」を揚げた人だけを応援するサポーターでもある。
結局、自分の人生を切り開くことができるのは自分だけだということだ。(あとがきより抜粋)

-この言葉にシビレました。-共感できる方、ぜひお読み下さい。

▼日記の魔力
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763196022/hyperit-22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

クビから3年で上場社長?-起業・独立6ヶ月で月収を2倍以上にする方法

■1.1人起業徒然日記-クビから3年で上場社長?

起業家支援連絡業議会NPO主催の「元ドクターシーラボ社長池本克之氏の講演
に参加しました。

ドクターシーラボは高機能化粧品メーカーです。平成15年3月ジャスダック店
頭公開した優良企業です。

氏はドクターシーラボの前の会社で業績向上中に「クビ」を宣告されます。
急にされたので、心の準備がなく、何にもする事がなくなった氏は取り合え
ず、営業指導の会社を立ち上げるものの「開店休業」状態だったそうです。

なので、時間があるので、「本」を読むこと、「ビジネステープ」を聞くこ
とを「習慣」にしてしまったのです。
(◆妙にこの部分共感いたしました。私もそうだったからです。時間があっ
てもする事がない・・なので私も「猛烈」に本を読み始めました。)

-しかし「天からの奇跡」が来ます。-

ここで「天の助け」の連絡が入ります。ドクターシーラボオーナーからです
元々とある機会で知り合っていたそうです。当時ドクターシーラボは「商品」
はあるものの。まったく売る仕組みが出来ていなかったそうです。

そこで「営業コンサル」として関わっていたそうですが、3ヵ月後に社員の
なり、そして「能力」を買われた氏は「社長」に・・・・

まさに「縁が生み出した奇跡」ですね。この部分の解説はなかったのですが、
思うに・・

・オーナーと池本氏が出会った。
・「強烈」にオーナーに池本氏の印象が残った。(残せた?)
・だから「困った」時池本氏の事を思い出し「白羽の矢」がたった。
・・・
・・・
と、いうことではないでしょうか?

こう思えるか、「運が良かっただけだよ・・」で片付けて何も変わらない日
常を送るかで3年後、5年後・・例え能力が同じでもまるで違う環境になって
いるのではないでしょうか?

お勧めの本があります。
▼「ツキの大原則」西田文郎著
面白いほど成功するツキの大原則 お金・ビジネス・恋愛・子育て ( 著者: 西田文郎 | 出版社: ...

*「ツキこそ実力」なのである。
この言葉に「え?」と思ったあなた是非読んで下さい。私も「ツキこそ実力」
だと思う一人です。

さて、セミナーに話を戻します。

やはり実践して結果を出した方の言葉は「重み」が違います。
勉強させて頂きました。

講演の気づき一部紹介>
・どんな人でも学びはある。自分の「師」になる。自分の子供からでも学び
はある。
・聞きそこないが起こるのは当たり前。伝える側の問題である。
70%以上伝えるように・・・
・感謝はやはり「手書きのはがき」が最強。ぜひやって下さい。
・判断の基準は「お客様の為になっていますか?」これだけである。
自分達の為ではない。
・・・
・・・
一番ココロに響いたのは

「あなたに夢はありますか?その為に「今」何をしますか?」
*行動判断基準が「夢」になればその「夢」は実現すると言うことですね?
>池本先生・・・

大きな気づきをありがとうございます。

▼起業家支援連絡協議会NPOのホームページ
http://www.kigyoka-shien.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.月収2倍への道

▼これは連載モノですので、見逃した方はクリック
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000133651

エンジニアのDがいいます。
「とても無理です。できっこありません。」

突如の言葉にしばし呆然とする私・・・・・
意味が解りませんでした。

「基本設計書」の進捗が思わしくないものの、「大丈夫です。」と言ってい
たので信頼していたのに・・・(いやしようとしていたのか?)

「大型の案件で納品できないと大変な事になる・・」と思った私は、社長に
掛け合い事態を収束しようとしました。既に納期まで2ヶ月を切り、派遣で
開発要員の人数だけは賄えたものの、肝心の「設計書」がないまま、プロジ
ェクトは時間ばかりが過ぎていく・・・

若いエンジニアには「マネジメント」も「設計書」を作成する能力がない・・
と「完全に」思い知らされたのは、納期1ヶ月前でした・・・

その部分を指摘すると、全て「お客」と調整役の「営業」のせいにされる始
末・・・社内も完全に分裂し、3ヶ月前に「一番うまくいっているプロジェク
ト」は「お荷物プロジェクト」とまで言われるように・・・

結局・・「納品できません。」と頭を下げる羽目になりました。
社内実力、体制を理解しないまま「受注」した私に責任があります。

結果、他の案件で穴埋めは出来ず、私は降格・減棒・・・
まあ当然の結果といえばそうでしょうか・・

社内的にも「楽観的」だったIPOへのムードがこのあたりから変わって来た様
に思えます。

当時社長秘書が「IPO!」なんて朝礼の時に叫んでいたのですが・・随分空し
く聞こえました。

まったく「やる気」がなくなった私は、妻に転職の意思を伝え次の会社に向
けて活動を開始しました。
20世紀最後の初夏の事でした・・・次はもっと社内関係で悩むとはこのとき
は思ってもいなかったのでした。


つづく


【今回のポイント】
回りがまったく見えてない状態での「高額」案件は非常にリスクが高いです。
残念ながら当時の私には単独で解決できる力はありませんでした。
早い段階で手を打つことはできたのでしょうが、ポイントを見誤り「最悪」
の結果になってしまう・・・・

うーん、私の人生の中でもかなり「大きな」失敗でした。

私を信頼して「仕事」を任せてくれた方に、いまでも申し訳ない気持ちで一
杯です。その後中型案件を3件振ったので穴埋めは出来ているとは思うのです
が・・

「受注して納品」確かに当時の私はこれしか見えていませんでした。
でも一番大切なのは「納品した結果お客様の業務の役に立ち利益が出る」
事ですよね。そこまで思ってはいませんでした。

勉強させて頂きました。支払った「代償」はとても高いものでしたが・・

------------------------------------------------------
と、こんな感じで書いています。よろしければメルマガにご登録下さい。

▼起業・独立6ヶ月で月収を2倍にする方法!
http://www.hyper-ie.net/mailmag.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

青年社長/夢に日付を入れた男の成功物語

高杉良著「青年社長」上下を一気に読みました。夢に日付を入れた男の成功物語です。5年くらい前に確か「週間ダイヤモンド」で連載されていました。

「和民」を展開するワタミフードサービス、渡邉美樹社長の立志伝です。

典型的な熱情起業型の氏の「起業決意~株式店頭公開・2部上場」までの軌跡・・いや奇跡を描いた傑作であります。

様々な問題が降りかかる中、回りの協力で解決し、成功と失敗を繰り返し上場を達成する・・素晴らしいです。

当初「つぼ八」のFCとして起業した時には「上場」なんて誰も思わなかっただろう。

最終的には「思いの強さ」と「人間力」なんおだと思わざるを得ない。私も「人間力」を高めたい・・そう思える小説でした。

*最近ビジネス書ばっかりだったので久々に読む小説に興奮しました。起業家の皆様・・ご一読を・・

■青年社長/高杉良著(ダイヤモンド社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

●時間の使い方-インターネット弱者必勝の法則

実は私はもう1誌メルマガを出しています。
お客様の代理発行5誌、代理執筆2誌、自分の2誌・・・
おー結構いい数になっちまってます。
ではいきます!

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-時間の使い方

今回は「時間の使い方」を考えてみましょう。

「ゴメン!時間なくってさあ。。。」てあなたは言い訳使ってませんか?
ホントに時間がないのでしょうか?

違いますよね。優先順位が低いからやらない・・って事ですよね。
だってトイレには行くし、ご飯も食べる。朝「めざましテレビの千佳ちゃん」
には毎朝「おはよう!」って言ってませんか?私だけですか(爆)

さて、これに気がついてから私は「意識」して「時間がない」とは言わない
ようにしています。

▼先日佐藤富雄先生の「あなたが変わる口癖の魔法」を読みました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761259841/hyperit-22
*結構いい本でした。
「できない。」を「できる。」に、「もう」を「まだ」に発想を変える
「口癖通り」の人生になる・・・

私の知人で「金ないっすよ。」が口癖の方がいたのですが、やはり金が
あった試しがない模様・・・

うーん、あなどれませんね・・・

すいません。時間の使い方です。
実は次の「お客様支援で気がついた事」詳細に書きますが、本日参加した
元ドクターシーラボ社長池本氏の講演で「目からウロコ」の時間活用法が
紹介されていました。

「1日10分の時間確保は絶対できる。あなたはボーっとTV観てませんか?
その時間を10分使えば年間なんと60時間にもなる。あなどれません。」

さて、10分で何ができるでしょうか?

・メルマガを流し読みで15本は読める。
・楽天日記、4行日記が書ける
・発行予定のメルマガコラム、編集後記が書ける
・・・
・・・

い、いかん、ついこんな事ばかり考えてしまいます。

【 今回の問いかけ 】
あなたは10分の積み上げで何をしますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■2.お客様支援で気がついた事

起業家支援連絡業議会NPO主催の「元ドクターシーラボ社長池本克之氏の講演
に参加しました。

ドクターシーラボは高機能化粧品メーカーです。平成15年3月ジャスダック店
頭公開した優良企業です。社長任期中売上げを7倍以上に躍進させました。

やはり実践して結果を出した方の言葉は「重み」が違います。
勉強させて頂きました。

池本氏も「成功者は「本」を読む。」の例の漏れず物凄い読書家でした。

講演の気づき一部紹介>
・どんな人でも学びはある。自分の「師」になる。自分の子供からでも学び
はある。
・聞きそこないが起こるのは当たり前。伝える側の問題である。
70%以上伝えるように・・・
・感謝はやはり「手書きのはがき」が最強。ぜひやって下さい。
・判断の基準は「お客様の為になっていますか?」これだけである。
自分達の為ではない。
・・・
・・・
一番ココロに響いたのは

「あなたに夢はありますか?その為に「今」何をしますか?」
*行動判断基準が「夢」になればその「夢」は実現すると言うことですね?
>池本先生・・・

大きな気づきをありがとうございます。
名刺交換くらいすれば良かった・・・しまった。

▼起業家支援連絡協議会NPOのホームページ
http://www.kigyoka-shien.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな感じで毎週金曜か土曜に発行しています。

▼よろしければご登録下さい。
インターネット「弱者」の私でも出来た成功法則

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力

■■■1.インターネット「弱者」必勝の法則-口コミの威力

今回は「口コミ」を考えてみましょう。

インターネット集客手法ととしては様々なものがあるのですが、それでもや
っぱり「最強」なのは「口コミ」になります。

今話題沸騰の「アフィリエイト」プログラムは、まさにインターネットでの
「口コミ」ではないでしょうか?私は最初「アフィリエイト」って実はあま
り良く思っていなかったし、企業で利用してさっぱり効果がなかったので、
自分の努力不足を棚に上げて「駄目だね・・」と決め付けていたりしました。

しかし、「インターネット」での「口コミ」がアフィリエイト・・と気がつ
いてから考えが大きく変わりました。(苦笑)

最近起業支援をスタートさせた事もあり、起業志望の方へ良質な情報、教材、
商材は自分でも作成している最中ですが、自分より優れた方の「講座」
「教材」は積極的に紹介していく形で進めています。
●また紹介させて頂きます。

さて、「口コミ」ですが、やはりあなたのサービス・商材が

「誰かに話したくなる。」

となっている事がもっとも重要です。自分が「お客」になった視点で見てみ
る事が一番重要です。

そして、、、、

「諦めない事」

小さな成功者達は「運」「タイミング」で成功したのではありません。
「継続」したからです。「継続」できたからですね。

「諦めない事」

先日プレスリリース(以下PR)系の本を立ち読みしていた時、こんな言葉
がありました。(多分大分違いますが趣旨は合ってます。)

「PRを出そうとしても実際に出すのは10%もいない。そして出しても掲載さ
れないとそこで止めてしまう。10回以上掲載されないのに出し続けるのは1%
もいないのではないだろうか?PRを出し続ければいつかは掲載される。
ただ、それだけのことだ。でも皆やらないんだよな。」
九州ベンチャー大学の栢野さんだったように記憶しています。

つまり
「成功するまで、諦めない事・・」

これを「口コミ」に例えると

「口コミを起こさせるまで、諦めない事・・」となりますね。
●この言葉は「自分」にも言ってます。

具体的な起こし方は下記の「本」で学べます。

■参考図書・・どれもお勧めです>
神田昌典先生著「口コミ伝染病」

トム・ピーターズ先生著「セクシープロジェクトで差を付けろ!」

セス・ゴーディン先生著「バイラルマーケティング」

エマニュエル・ローゼン先生著 「クチコミはこうしてつくられる」

【 今回の問いかけ 】
やはり「口コミ」が起きるのも、また起こすのも
                  「誰に?」「何を?」ですね。

あなたは「誰に?何を?」提供するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)